7日で2kg減!豆腐ダイエット効果的なやり方&おすすめレシピ18選

豆腐のイメージ写真
この記事の読了時間 1141

豆腐ダイエットは、主食の代わりに豆腐を食べるダイエット法です。

米・パン・麺など主食とされる食品の主成分は炭水化物なので、これを豆腐に代えることで糖質とカロリーを大幅にカットできるほか、豆腐に含まれる大豆レシチンやビタミンB群の働きにより脂肪を効率よく減らせます。

元モーニング娘の辻希美さんは、湯豆腐を食べ続け15キロも痩せたそうです。

口コミでも「2週間で3キロ痩せた!」など成功談が多く見られますが、一方で「痩せない」「挫折した」など失敗談もみられました。どんなに優れたダイエット法もやり方を間違えると効果はでません。

この記事を読むことで、豆腐ダイエットのやり方はもちろん、以下の内容を知ることができます。

目次

豆腐ダイエットの効果

ダイエット効果を表現した写真

豆腐ダイエットって
本当に痩せるの?

豆腐ダイエットの効果のほどは経験者に聞くのが一番。そこで実際に挑戦した皆さんの口コミを紹介します。

炭水化物を控えて豆腐を食べてたら-4kg!! 豆腐スゴイ!

1週間続けて2キロ減った。この調子であと2キロ痩せたい!

1ヶ月で56kg→52kg(v´∀`)ハ 40kg台まであと少し!

10日続けたけど効果なし。でも便秘は治った

朝と夜に豆腐を半丁ずつ食べてたら2ヶ月で−2.5kg

効果はあるけど豆腐に飽きた。こってり系が食べたくなる


@hana_miliya

3キロ痩せたうれしいい
豆腐の効果絶大!

2016年9月29日

けぇたん☆
@have_915

3ヶ月くらい夕飯は、白飯の代わりに豆腐を食べてたら、3キロ痩せた!!

2016年5月14日

シンヤ
@js0819

4月から7キロ痩せた!!
豆腐大好きになったわ

2016年5月12日

どうでしょうか。
効果に個人差はあるものの、試してみる価値はありそうですね。

続いて豆腐ダイエットで痩せられる理由を説明します。ダイエットを成功させるためにもここはしっかり押さえましょう。

(今すぐ実践法を知りたい方は豆腐ダイエットのやり方へ)

豆腐ダイエットで痩せられる理由

  1. 摂取カロリーを抑えられる
  2. 脂肪を減らす効果がある
  3. 筋肉をつくり代謝を高める
  4. 便秘を予防・解消できる

摂取カロリーを抑えられる

ご飯1杯のカロリーは約270kcal、豆腐1食分(200g)は約100kcalです。
主食を豆腐に置き換えることで、摂取カロリーを3分の1近くに抑えられます。単にカロリーを抑えるだけでなく糖質を大幅にカットできるところがポイントです。

脂肪を減らす効果がある

豆腐には、脂肪やコレステロールを体の外に排出する大豆レシチンをはじめ、コレステロールの吸収を抑える大豆サポニン、脂肪の燃焼を活発にするビタミンB群と鉄分など、脂肪を減らす成分が豊富に含まれています。

筋肉をつくり代謝を高める

食事制限によるダイエットはタンパク質が不足しがち。タンパク質は筋肉の元となる成分です。これが不足すると筋肉量と共に代謝量も下がるので痩せにくくなります。

豆腐には植物性のタンパク質が豊富に含まれています。肉や魚などの動物性とは異なり、植物性のタンパク質は脂肪分が少なくダイエット中でも安心です。

便秘を予防・解消できる

豆腐に含まれる大豆オリゴ糖は、ビフィズス菌をはじめ善玉菌のエサとなります。大豆オリゴ糖が腸内に届くことで善玉菌の活動が活発になり腸内環境が整います。

便秘が治ればお腹がスッキリするだけでなく代謝も良くなり痩せやすくなります。

豆腐ダイエットのやり方

豆腐の写真

間違ったやり方は逆効果!?
正しいやり方をチェック!

豆腐ダイエットのやり方はとても簡単。朝食・昼食・夕食いずれかの主食を豆腐半丁(200g)に置き換えるだけ。おかずは普段どおり食べれます。

食事制限によるストレスが少なく続けやすいところが豆腐ダイエットの魅力。

とはいえ、当然おかずのメニューや量はダイエット効果に直接影響します。短期間で痩せたい方は、糖質や脂質の多い食べ物は控えるか少量にとどめましょう。

豆腐ダイエット実践するなら朝・昼・夜?

豆腐ダイエットの効果を高めるなら夕食での実践がおすすめ。

夕食は1日3食のなかで最も摂取カロリーが多く、食事の時間や量も不規則になりがち。加えて夜は体が省エネモードになりエネルギー消費量が減るうえ、日中と比べ運動量も減ります。

ダイエットの観点からいえば、夕食は太りやすい時間にとる太りやすい食事なので、朝食や昼食よりも食事制限によるダイエットの効果が表れやすい傾向にあります。

累計30万部の大ベストセラーとなった「確実に痩せてリバウンドしない 晩ごはんダイエット」の著者、美波紀子さんも夕食に豆腐ダイエットを実践して12kgの減量に成功したそうです。

木綿と絹ごし、どちらが効果的?

木綿と絹ごしの栄養価はそれほど変わらないので、どちらを選んでもダイエット効果に大きな差はありません。

強いて言うなら栄養価が高く糖質の低い木綿豆腐ですが、気分やレシピに合わせて使い分けた方が結果としてうまくいくでしょう。

豆腐1食分(200g)当たりの栄養成分
栄養成分 絹ごし豆腐 木綿豆腐
カロリー 112kcal 142kcal
脂質 6g 8.4g
炭水化物 4g 3.2g
タンパク質 9.8g 14g
カルシウム 86mg 120mg
1.6mg 1.8mg
ナトリウム 14mg 26mg
カリウム 300mg 280mg

豆腐ダイエットの注意点

注意を喚起する写真

healthdiet

1日1食のルールを守る

短期間で痩せたい人は「毎食実践すればもっと早く痩せられるはず」と考えがちです。たしかに即効性は高まりますが、それは一時の話。

栄養バランスが偏った状態が続けば代謝が下がり痩せにくくなります。また食事制限によるストレスから挫折の原因にもなるでしょう。
豆腐ダイエットは1日1食のルールを守って実践することが大切です。

豆腐を使ったダイエットレシピ18選

ダイエット成功の秘訣、それは楽しく続けること。豆腐をそのまま食べることに飽きたら気分転換に次のレシピをどうぞ。

おからとお豆腐のコロッケ

レシピ写真:おからとお豆腐のコロッケ

じゃがいもを使わない低糖質コロッケ。外はカリッと中はしっとり、癖になる食感です。
レシピはこちら

豆腐と納豆のヘルシーグラタン

レシピ写真:豆腐と納豆のヘルシーグラタン

豆腐とチーズ。意外な組み合わせですがこれが実に絶妙。満腹感も十分な一品。
レシピはこちら

冷凍豆腐de唐揚げ風

レシピ写真:冷凍豆腐de唐揚げ風

がっつり食べたくなった時はコレ。冷凍豆腐を使えばお肉に近い食感を再現できます。
レシピはこちら

鶏肉の豆腐ハンバーグ

レシピ写真:豆腐ハンバーグ

豆腐を使ったダイエットレシピの定番!お肉と豆腐の割合を変えることでカロリー調整も自在に。
レシピはこちら

豆腐deお好み焼き

レシピ写真:豆腐deお好み焼き

小麦粉の代わりに絹ごし豆腐で作るお好み焼き。具材をアレンジしてあなた好みの一枚を。
レシピはこちら

豆腐ナゲット

レシピ写真:豆腐ナゲット

木綿豆腐で作る豆腐ナゲット。お弁当の一品として使えそうなレシピです。
レシピはこちら

くずし豆腐でボロネーゼ

レシピ写真:くずし豆腐でボロネーゼ

麺に白滝を混ぜてカロリーセーブ。低カロリーだけど満足感もある一品です。
レシピはこちら

ヘルシー豆腐パスタ

レシピ写真:ヘルシー豆腐パスタ

豆腐・梅・コンソメ・わさびを混ぜて作るクリームパスタ。油を使わないヘルシーなソースです。
レシピはこちら

豆腐きのこあんかけ

レシピ写真:豆腐きのこあんかけ

温奴と生姜あんかけで冬も体ぽかぽか。冷奴を使えば夏でも美味しくいただけます。
レシピはこちら

豆腐と野菜の鶏だんごスープ

レシピ写真:豆腐と野菜の鶏だんごスープ

栄養士考案の余り野菜で作るスープ。お財布にもやさしく、冷蔵庫の整理までできる一石三鳥のレシピ。
レシピはこちら

ダイエッとうふ

レシピ写真:ダイエッとうふ

豆腐に納豆・豆苗・きゅうりをトッピング。きゅうりの歯ごたえがいいアクセントに。
レシピはこちら

豆腐とツナの簡単サラダ

レシピ写真:豆腐とツナの簡単サラダ

材料を切って混ぜるだけの簡単レシピ。ツナの代わりにササミを使っても美味しい。
レシピはこちら

豆腐のみぞれ煮

レシピ写真:豆腐のみぞれ煮

ほんわか温かく胃にやさしい一品。胃が疲れているときにもおすすめ。
レシピはこちら

揚豆腐のトマト煮

レシピ写真:揚豆腐のトマト煮

トマトのリコピンパワーで美容効果もUP!食卓を彩る一品です
レシピはこちら

かぼちゃと豆腐のダイエットケーキ

レシピ写真:かぼちゃと豆腐のダイエットケーキ

ひと切れわずか96kcal!主材料は豆腐・かぼちゃ・寒天だけ。これでしっかりケーキになるから驚き。
レシピはこちら

おからと豆腐のバナナパンケーキ

レシピ写真:おからと豆腐のバナナパンケーキ

ダイエット中でも安心して食べられる低カロリースイーツ
レシピはこちら

豆腐と黒蜜きなこのブラマンジェ風

レシピ写真:豆腐と黒蜜きなこのブラマンジェ風

ダイエット中でも本格スイーツが楽しめる。黒蜜きなことの相性が絶妙。
レシピはこちら

豆腐チップス

レシピ写真:豆腐チップス

香ばしくパリパリの食感がやみつき。おやつにピッタリの一品です。
レシピはこちら

→豆腐のダイエットレシピをもっと見る

ダイエット効果だけじゃない!豆腐を食べるメリット

  1. 髪にハリ・ツヤがでる(大豆イソフラボン)
  2. 免疫力が高まる(大豆オリゴ糖)
  3. 記憶力が高まる(コリン)
  4. 美肌効果がある(大豆イソフラボン)
  5. 血糖値を抑える(トリプシンインヒビタ)
  6. バストアップ効果がある(大豆イソフラボン)

まとめ

簡単にできて安上がり、成功例も多い豆腐ダイエット。興味をもった方はさっそくチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

最後に豆腐ダイエットのポイントをおさらいしてこの記事を終えたいと思います。

  • 1日1食、主食を豆腐に置き換える
  • 3食のうち最もダイエット効果が高いのは夕食
  • 短期間で痩せたい場合はおかずのメニューや量を調整する
  • 木綿・絹ごし、どちらでもOK。気分やレシピに合わせて使い分ける

豆腐関連リンク

参考になったら
いいね!お願いします
(*゚∀゚)っ