4,これがギリアイル島か!! ~インドネシア編第四話~

俺とオナラさんを乗せた
 ギュウギュウ詰めのボート。

o0640042810941886853

ボートは出発して…

15分も走ると
島が見えてきた。

平べったくて、
あまり大きくない島…

それが今回お邪魔する『ギリアイル島』だ。
 

o0640042810941089741

騙され
 グッタリしてたオナラさんも
『ギリアイル島』が近付くにつれ、
 元気が戻ってきていた。

そして島に到着。

ボートは浅瀬の砂浜に乗り上げた。

サンダルの俺は
浅瀬の海に飛び降りる。

sssss

今回の旅では
極力、荷物を軽くしたかったので

まだ三月の上旬なのに、
 俺は日本からサンダルを穿いて

成田空港に向かった俺。

日本では足元が寒かったが
 サンダルできて良かった。

荷物が少なくて済んだ。

島に到着すると…、


 牛やニワトリが迎えてくれた。

o0640042810941886856

o0640042810941886857

つーか
砂浜にニワトリって…。

不自然…。

そして荷物を持ち
宿探しに出かけた。

o0640042810943075589

予約はとってないが
 この島では
日本人が経営してる
『キラキラコテージ』に泊まろうと思っている。

テクテク歩いていると…

馬車に乗らないか?との誘いを何度も断り、

写真を撮りながら

ゆっくりと歩く俺とオナラさん。

この島は
歩いて1周すると
約1時間半。

それとこの
『ギリアイル島』の
変わっている所が…

車やバイクが一台も存在しない事。

環境汚染の為に
車とバイクは禁止しているのだそう。

走っているのは自転車か、

『チドモ』っつー馬車のみ。

 

o0640042810943075600

o0640042810943075603

舗装されたアスファルトの道路せず

自然の道のみ。

歩いていると子供達が通りかかったので、

「一緒に写真を撮ろう!」と声をかけ

何枚か写真を撮った。

asa

o0640042810943110945

o0640042810943075591

そして今回泊まろうとしてる
『キラキラコテージ』が
何処にあるのかわからんから、

150mおきに

『Where?Where?』と
現地の人に聞きまくった。

t02200147_0640042810943110929

t02200147_0640042810943110944

みんなコテージの方向を指を指して、
とても親切に教えてくれる。

だが
 インドネシアなまりの英語なので
何言ってんのか
 ほとんど聞き取れませんでした。

途中スッポンポンで海に入っている子供や、

o0640042810943110947

牛やヤギが沢山いたりして
歩いているだけで楽しい。

o0640042810943117644

o0640042810943117649

o0640042810943117645

風景、景色が日本とまるで違い、
 超新鮮!!!

o0640042710943117643

オナラさんは途中

物売りに捕まって
 また何か買わされていた・・・。

t02200147_0640042810943180565
 

ふと前をみると
 オナラさんが空を見上げている。

オナラ『ちょっとあの雲見てみて!雲が分厚くて、
  雲の中にラピュタがありそう!!』

o0640042810943123674

俺『あの程度の雲の厚さじゃ

ラピュタはないよー!

ラピュタがあるのはもっともっと
 めっちゃデカイ雲の中だ!!』

と…

マニアックな会話をしながら

歩いたりもした。

(天空の城ラピュタ…。

高校生あたりは知らないだろうな…)

するとオナラさん、指差しながら

オナラ『おいッ!みてみて!!

あっちにもデカイ雲があるよ!!』

どーやらオナラさん

雲好きなようだ。

そーいえば飛行機に乗った時も、

やれあの雲は凄いとか、
やれあの雲の形は変わっているとか

一人でギャーギャー
騒いでいた。

俺が寝てる時も
 わざわざ何回も起こしてきて、

あの雲をみてみろと猛烈に薦められ、
 軽くうんざりした。

そして
荷物担ぎ、
 歩きだして15分…

オナラ『あ~荷物持つの疲れた~!!

嫌だ~!!手ぶらでくれば良かった~!』

と一人で

ギャーギャー言っている。

着替え2着とパンツ2枚と
 デジカメと歯ブラシしか入ってない
小さな軽いリュックなのに……

ほんとに荷物の重さにうるさい。

正確には

「雲と荷物にはうるさい男」だ。

そして最近彼は

下唇がでてるせいか

顔が鳥っぽいといじられている・・。

歩くこと数十分・・・

ヤシの木の道や

o0640042810943123677

o0640042810943129245

o0428064010943123675

牛がワシャワシャいる道を抜けると…

o0640042810943123682

 

キラキラコテージ発見!!

o0640042810943128299

 早速チェックイン。やはり値段は安い。

一泊二人で確か700円位のコテージ↓

o0640042810943128302

o0640048010943135981

とりあえず荷物をおき、

水着に着替えて
水中メガネだけ持って

コテージを飛び出した。

近くの海に飛び込み
潮の流れに身を任せ、

島を周るように泳いだ。

いや~気持ちいい。

泳ぎ疲れたら海辺に座って
綺麗な海を眺める。

o0640042810943135980

o0640042810943135982

o0640042810943137704

o0640042810943135984

 

その後
 腹が減ったので

海がみえるベンチに座り、
 飯を頼んだ。

飯が来るまで
眠くなったので

机に伏せて寝たのだが、

俺が寝てる時に、
オナラさんが俺の腕に
 ケチャップで落書きをしてきた。

この日記を読んでいる

女性読者はきっと…

女性読者『ケチャップで落書きなんて…
オナラさんてお茶目で可愛いのね』と
思ったかもしれないが…

俺としてはその後、

腕がベタベタして
非常に不愉快なだけだった。

もし俺がMなら

喜んでいたかもしれないが……。

そして
机の上に登ってきた猫と一緒に

飯を食った。

o0640042810943135983

何食ったか忘れたが、
マンゴージュースが

とてもマズかったのだけ
覚えている。

飯を食い、
 少しゆっくりした後

俺とオナラさんはカメラだけ持ち、
 歩いて島一周に出かけた。

島をブラブラ歩いていると・・・

日本人がいた!!

感動して写真撮ってしまった・・。

o0640042810943137705

 

そして何回も書いているが
 この島、動物が沢山いる。

ニワトリ

t02200147_0640042910943137706

ヤギ

t02200147_0640042810943137708

大きめのトカゲ

t02200147_0639042810943137707

 

t02200147_0640042810943145339

 

t02200329_0428064010943145341

 

そして鳥?!

o0640042810943145340

おっと…

鳥ではなく
 オナラさんだった……。

この写真の顔が鳥っぽいだけだった…。(最近彼は鳥に似てるといじられている。)

そして・・

しばらくすると辺りは暗くなってきた……。

 

 

〈続く〉

次回はパーティーに行った事でも書きます!!

フェイスブックやってるよ→鈴木モト←リアルタイムの情報はこちらから(友達申請待ってるよ)。

ツイッター始めましたがRTの意味がよくわかりません→鈴木モトのツイッター

インスタも→鈴木モトのインスタ

MIXI→鈴木SUZUKI

世界一周ブログランキングに参加してます→にほんブログ村←何位にいるか探してみて。とりあえず10位までに食い込んでやる。

IMG_9633

 

投稿者: 鈴木モト

死んだ魚の眼をして働いています。狹い組織から抜け出して、愛する家族と世界に旅行に行きたいです。