オナラオシッコと稲田ヨシヒコの間。

↓参戦中。 にほんブログ村

IMG_0009-001

 

 

今回の日記のタイトルを日本出国前に買った本
「冷静と情熱の間」風にしました。

 

 

さて、俺の日記でよく登場する、俺の古くからの友人が美容院を辞めました。
俺に触発されたと言ってました。 
俺はもう既にかわいいかわいいかわいい娘を日本で育てたいのですが。笑

↓ナルシストとして有名なオナラさん(稲田さん、バツイチ)の日記。

 


 

 

どうして

今の美容室を辞める事になったのか。

 

それは自分のやりたい事、チャレンジしたいって気持ちが行動という形になったからです。

結論から先に言うと、
海外で美容師ってものをずっと前からしたかったのです。

なかなか行動に移せなかった自分に憤りを感じていた日々でした。

da6e6ffc967ba82480647207bc1d3366_711d996175b5434e98f5dc6bdf06baa7

日本の美容師さんってたくさんいて、自分の店を持ちたいって人が沢山います。

僕ももちろんその1人で、本当最近まで日本で店を出そうと思っていました。
でも、もう一度自分を違った形で勝負したくなっちゃったんです。

 

日本の美容師って増えすぎちゃって、頭の数は決まっているのに、ダンピング合戦や1つの駅に何軒も美容室があって、どんどん美容師の価値が低くなっている気がするんです。

 

もちろんその中でも価値を上げている人はたくさんいます。

 

でも、他の仕事もそうだと思うけど、本当に美容師って仕事はお客様に喜んでもらいたい為に、毎日何時間も営業後や営業前に技術やらを勉強して頑張っている職業なのに、大半の人が評価されていない。

すごくもったいなく感じます。

じゃあ、海外行ったら日本の美容師は成功するの?
全然そんな風には思っていません。そんな簡単なものとは全然思っていません。

 

今の日本は仕事さえしていれば、最低賃金をもらって基本生活はできます。

 

僕は色々な世界を周って、特に貧乏なところばっか周って色々話を聞きました。
45カ国も周れば色々な人がいます。

雲よりも上の山の中にあるフィリピンマニラの北にあるバナウェでの出来事。

街から1時間離れた場所から山を2つ超えて滝を見る為に
街で声をかけられた街の人に道案内を頼みました。

片道4時間、ほとんど舗装されていない山を2つ超えて滝を見てまた4時間かけて戻って来る。そしてガイド代700円を払う。

 

ina『700円ってここだとどのくらい生活できるの?』

ガイド『2日分の俺と奥さんと子供1人の生活費だよ。でも毎日ガイドの仕事が決まる訳ではないからバイクタクシーもやっているよ。』

ina『仕事がない日ってあるの??』

ガイド『見つからない日もあるよ。そういう時はご飯が食べられない時もある。』

 

本当にすごいしんどい山登りだった。
富士山の頂上まで登って降りるくらい辛い山越えだった。

でも、この人はいつもこんなしんどい思いして家族を養うために必死になって仕事を探してやっとの思いで生活費を手にしている。

自分の仕事の本気度が全然本気になれてないって思った。
日本って国に生まれて、あたりまえの環境の中であたりまえに仕事をしているだけにすら思えた。

 

こんなんじゃダメだ。

 

今、美容師歴11年目で
運良く6年目の時には当時70名くらいのスタッフの中で1番の売り上げをあげれるようになった。

3年遅れで美容師を始めて、最初の目標は美容歴3年先輩に早く追いつきたい。そのためには誰よりも練習しようと、4年目まではほぼ毎日夜中の3時まで練習してた。

朝は8時から練習してた。

そして、3年先輩抜いたら次はこの人に追いつこう追い抜こうと思っているうちに1番にはなれた。

 

でも、なんかそれだけだった。

 

もちろん役職もあがっていくうちに、個人の売り上げだけではなく、店の売り上げもどうやったら上げてお客様に喜んでもらえるか考えては仕事していた。

でも自分に満足はしてなかった。

こんなはずじゃなかった。もっとできたはずなのにって。
自分に自信がなくなっていた気がした。

 

仕事は本当に楽しくてお客様に出会えた事にも本当に感謝。
もちろんグループも店も個人も上げていきたい。
まだまだ自分の技術もあげてお客様を喜ばしたい。

 

でも、昔みたいにガムシャラにうぉーみたいな気持ちが落ち着いてしまった気がしてた。

店を出すって夢も、お金さえあれば誰でも出せるし、出したら美容師で成功とはい言えない。

むしろ、大きい店にしろ小さい店にしろそこからがスタート。

今の状態から店を出せばある程度うまくいくと思うけど
すごい自分勝手な考えだけど、それは守りに入っているような気がして。

日本に生まれて日本人なら安全・安心・安パイみたいな基本に忠実に頑張っていく人が大半かもしれないけど、その生き方がどうも苦手みたいです。

 

昔からチャレンジしたい性格なのでしょう。

 

ある意味、今までの経験以外は0からのスタート。
給料も何分の1にもなるでしょう。

でも、まだまだ自分を試したいし違う環境でチャレンジしたいし、もっと色々な経験をしたい。

本当自分勝手な考えで、ここに書いていてもなにを生意気言ってんだって自分でも思うけどまだまだ色々挑戦したいです。

485946_319397474830171_657009284_n

美容師あるあるでよくお客様に、

『美容師って技術があるからどこでもやれるね』って言われた事あると思うんですよね。

でも、それを聞いてる時に日本でしか基本やっていない事に
美容師としての可能性を少し狭めている気がしてた。

美容師って仕事の可能性をもっと広げる事ができるのかなって。
色々な美容師がいる中で、こういうやつも少しはいてもいいのかなって。

 

今自分のやりたい事は、もちろん海外で頑張って仲間作って店だして、そしてアジア発展途上国(ミャンマー・カンボジア・インド等)に美容師って仕事を広めたい。

仕事がなくてすごい少ないお金しか稼いでない人もたくさんいる国で、美容学校みたいの作って教えて稼げるように育てたい。

こんなことを夢見てるんです。行動に移してみせるんです。その第一歩として海外で美容師を個人で挑戦したいのです。

だから、店を辞めてこういう道を選んで行動してみました。

 

本当にここに書いたことは、自分勝手でお客様にも会社にもスタッフにも友達にも本当に迷惑かけて、ごめんなさいって気持ちでいっぱいです。

色々な美容師をSNSを通して拝見してて
やり方は違えど、すごい尊敬するし刺激にもなります。

みんなとは一般的には違う形かもしれないけど
自分の人生の美容師って仕事を一生懸命楽しむための決断です。

出会えた人とずっとバイバイなんて思ってないです。

 

日本に帰ってくるかーってくらい気合い入ってますが
こういうSNSとかあってずっと繋がっていけたらと思っています。

なんかあったら飲もうぜって思ってます。

 

シンガポールで働きます。

 

今の店に入れて良かった!

今の店のお客様に出会えて良かった!!

残り、2ヶ月今の環境に感謝して頑張ります!!!

ed53d36a881a75b6e3cd87aa1fdd72aa_402ec48d128bd33056ec6436134a14a2

 


 

↑リアルタイムではオナラさんは…
もとい、稲田さんはシンガポールで働いています。

 

さて、そんな稲田さん。
彼は昔から目立ちたい願望と、有名人になりたい願望が人一倍強い。

稲田さんの知り合いはどんどん有名になってますが(チェキッ娘、斎藤工、桐谷ケンタ、小川ダン)、

有名になりたい願望が一番ある稲田さんは全く有名になりません。

俺は『こいつは有名になる』と思って応援してますが、16年が過ぎた今、町ゆく人は稲田さんを誰一人知りません。

 

 

こないだ稲田さんから電話がありました。
テレビ電話で話しましたが、いつも通り稲田さんは上半身裸でした。

『モト、シンガポールに来い!仕事も俺が何とかしてやるから!子育てはシンガポールでしな!一緒の家にシェアして住もう!!』

そう言って、裸の稲田さんに本気で40分間口説かれました。

 

 

↓俺のカメラが盗まれ途方に暮れていたら、新しいカメラをベトナムのハノイまで届けにきた稲田さん。

302803_106366926133228_3112062_n

625692_423973847653118_1775690851_n

 

↓俺を追っかけてインドの奥地のヒマラヤ山脈のレーまで来た稲田さん。

555502_423974514319718_408967987_n

↑バスが無くなり途方に暮れ、ヒッチハイクする俺と稲田さん。

↓ヒッチハイクで風よけの無いトラックの上に乗ったが、

313844_106366352799952_5619611_n

12月の真冬に、標高5000メートルの山越えをする事になり、寒くて本気で怒り出す前の稲田さん。

 

↓俺を追っかけて、トルコのカッパドキアに来た稲田さん。

164089_150130961704076_2976982_n 

イナ鳥(稲田さんが鳥の真似をするだけ)の動画が撮れず、いじけて怒り出す前の稲田さん。

 

稲田さん、シンガポールで頑張っているけど、きっともう日本に戻りたいはず。

みんなさ、応援してあげてよ。

 

そんな彼のFACEBOOK→→稲田佳彦(オナラさん)

 

 

俺は今でも彼が有名人になると踏んでいます。 応援してるよ。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

IMG_0077

IMG_1032

 

★フェイスブックやってるよ→鈴木モト←リアルタイムの情報はこちらから(友達申請待ってるよ)。

★インスタも→鈴木モトのインスタ←インドで働きながらネタをあげていくよ。でももう日本に帰りたいよ。

★MIXI→鈴木SUZUKI←一番読者&アクセス数が多かった。

↓クリックもよろしく

にほんブログ村

FACEBOOKシェア&イイねもよろしくね。

投稿者: 鈴木モト

死んだ魚の眼をして働いています。狹い組織から抜け出して、愛する家族と世界に旅行に行きたいです。

“オナラオシッコと稲田ヨシヒコの間。” への 2 件のフィードバック

  1. mixiからのファンです😁
    ドキドキして申請していいのか躊躇してる間に1000人オーバーになってしまいました(笑)何年も前で懐かしいです。
    FBでは即申請しちゃいましたw
    稲田さんもとい、オナラさんはシンガポールで美容師さんしてるのですね〜!
    あの頃のみなさんの日記、ブログ面白いです♫
    みつまさんとのご結婚、そしてベビちゃん誕生おめでとうございます♡
    「好き」と言った…というブログで気になっていたんです(∩∀`*)キャッ
    こちらのブログに移行するとの事でまた楽しみにしています✩

    1. JULIOさん このブログのコメント第一号ありがとうございます。
      まさか結婚するとは夢にも思いませんでした。 みつまと子供、丸っこい子分が2匹になりました。笑
      これもまた縁だと思いますので、これからもよろしくっす!!

コメントは受け付けていません。